【朝風呂】

私の一日は優雅な(?)朝風呂から始まります。

障害を持つ長男の冷えた体をほぐす為です。

家内が抱いてくる息子を風呂で待つのが私の役目。

かけ湯をして体を洗って湯船に入って待機します。

そんな準備万端の私の適温は、ドボンとお湯に入れられる子供にとっては熱すぎて、顔も身体も真っ赤っかになってしまいます。

 

我慢、我慢、ぬるめのお湯で息子を待ち、長男の身体が慣れたところでお湯を足すことを覚えました。

 

ふと反省、最近、周りの人に腹を立ててばかりいました。

私の丁度良いは、相手には早すぎた、熱すぎた。

我慢、我慢、相手の立場でまず考えないと。

 

挨拶しない、報告しない、腹立てる前にちょっと数を数えて落ち着いて。

挨拶したくない理由が私の側にあるのですね、報告しにくい雰囲気を私が出しているのですね。

 

「礼儀の基本は相手の立場に立つこと」といつも教えて頂いていますが、礼儀に限らず、すべてに通ずる基本ですね、反省、反省、共に向上していきます。

あわせて読みたい