2019年3月3日(日) 14:00~15:30 富山県民会館

医学講座✕いのちの教室 ~むくみと冷えのお話しといのちの大切さについて~

今回は、内科医である波部孝弘先生をお招きし、なんだか気になる身体のむくみ、冷えについて学びます。
また、障がい児を持つ親である、増本智彦氏による「いのちの大切さ」の講演もあります。

【スケジュール】

14:00 講義①(増本さん) (20分)
14:20 休憩  (10分)
14:30 講義② (波部医師)(40分)
15:10  休憩  (10分)
15:20 質疑応答(10分)
15:30 フリータイム
15:45 片付け、退出
16:00 解散

 

【参加費】

お気持ちをお預かりしています。目安は500~1000です。

 

【講演者プロフィール】

波部孝弘医師

大阪府出身
富山大学附属病院および関連施設での研修を経て
2016年に真生会富山病院内科に赴任

専門は、腎臓内科
高齢化に伴い、腎臓の働きが低下する慢性腎臓病が増えています。
更に低下すると透析医療が必要な状態になってしまいます。
透析に陥らないよう、慢性腎臓病の管理を担当のほか、
高血圧の管理、透析医療も担当しています。
次のようなお困りごとがございましたらご相談ください。
・尿検査でタンパク陽性と言われた
・血圧が高い
・腎臓の働きが悪いといわれた
・足のむくみ

 

増本智彦氏

1959年生、福岡県北九州市出身。
神戸の大学を卒業され、クラレに入社。
現在は富山県で施設管理責任者。
バブル真っ盛りの高度経済成長を大都会東京で過ごされていた時、 重度の障害を持つ長男・真一さんを授かりました。
障害児を持つ親として、「いのちの尊さ」「生きる意味」について富山県内を中心に講演をしています。
<講師メッセージ>
長男が1歳6ヶ月の時に「重度心身障害児」の診断を受けました。
眼の前の、将来どうなるか全く見当のつかない子どもを見た時に、「この子は何のために生まれてきたのだろうか、この子の生きる意味は何なのだろうか」と思わずにはいられませんでした。
そして、子どもの介護を通して「生きる意味は何か」という問題は自分自身にも突きつけられているテーマだと知らされました。
毎日の忙しさで忘れていた「いのちの尊さ」「生きる意味」を教えてくれた子どもは、私にとってかけがえのない先生です。
養護学校(特別支援学校)で知らされたことなどを通してこの大切な忘れ物を共に考えることができたらと思います。

あわせて読みたい